PAGE TOP

New Arrival : Zakka, Clothes, etc.

New Arrival : BOOK
新入荷の本についての情報や、店主の本棚のあれこれ。

  • IMG_2950

    落語を聴く
    2018.09.08

    松江、スティックビルの中のホールで運良く出会えたのは、いまも地元に落語を根付かせようと奮闘しているTさんに声を掛けていただいたおかげ。 初めてさん喬さんの噺を聴…

    More

  • IMG_2949

    全国旅をしてでも行きたい街の本屋さん
    2018.09.08

    全国にある個性豊かな“街の本屋さん”185店を紹介した本です。 よくお邪魔するお店や、知らなかったけど素敵で刺激的な店が満載です。 その中に「一月と六月」も取り…

    More

  • IMG_2943

    本にはすべての答えがある
    2018.08.28

    昭和21年開店した『くすみ書房』は札幌の市民に愛されていた町の本屋さん。順調に歩んでいた店も1973年のオイルショック以降、地下鉄の開業と新駅の開業、紀伊國屋書…

    More

  • クマ

    動物文学の新たな傑作
    2018.08.04

    イギリスのオーガニック農場でのびのびと暮らす個性豊かな牛たちの日常を、愛情豊かに描きだした動物エッセイ。牛たちの知られざる生活 は小さな古典と英各紙誌絶賛。 言…

    More

  • 健康1

    健康の話
    2018.07.20

    人気鍼灸師である著者がめざす「健康」とは、「歳をとってもそれなりにちゃんと動けて楽しく生きられるいい塩梅」の状態。 健康サプリやグッズ、極端な健康法も、そもそも…

    More

  • おいしい

    お い し い デ
    2018.07.06

    こころ揺さぶるひたむきな生産者と出会えば、ユーモアで包みこむ「おいしいデザイン」 で消費者との間を見事につないでいく、梅原真さんの おいしいデ が届きました。 …

    More

  • 鹿児島

    鹿児島の本とか・・・・・。
    2018.07.01

    ⅾ design travel 鹿児島 の増補改訂版が出版されました。合わせてランドスケープ・ プロダクツの ぼくの鹿児島案内。 続ぼくの鹿児島案内。 みんなの…

    More

  • 6月のミシマ社

    6月のミシマ社
    2018.06.23

    今月のミシマ社は新たなシリーズの手売りブックスの5冊 ・きんぎょ いしいしんじ ・京をあつめて 丹所千佳 ・佐藤ジュンコのおなか福福日記 佐藤ジュンコ ・おむす…

    More

  • honndana

    今週の新入荷・再入荷
    2018.06.22

    工藝の道・柳宗悦・講談社学術文庫/さよなら未来・若林恵・岩波著店/海うそ・梨木香 歩・岩波現代文庫/ムナーリの機械・ブルーノ ムナーリ・河出書房新社/そろそろ左…

    More

  • IMG_2761

    ON READING
    2018.04.13

    場所が決まっているわけではない。 くつろいだ居間で、雑踏の中の片隅でさらには楽屋で、もちろん公園でも、人々は自分の生活圏の中の様々な場所で読み耽る。 それは本で…

    More

  • 御所表紙

    御所東考現学
    2018.01.26

    京都四条河原町を北へ御池通りをスギ丸太町通りへ 京都御所の右、東側から鴨川にかけてのエリアを イラストレーター徳地直美さんが歩いてであった 料理屋さん、道端の…

    More

  • IMG_7734

    カレンダーいろいろ
    2017.11.10

    11月になり、今年も残り二カ月を切りました。 そろそろ来年のカレンダーは何にしようかと考えるのも楽しい時期ですね。 一月と六月にも着々とカレンダーが届いています…

    More

  • IMG_2570

    BOOK在月に出店します!
    2017.10.27

    10月28日(土)に松江のカラコロ工房テラスで開催される 第5回BOOK在月 一箱古本市の会場に一月と六月も出店します。 一月と六月、本の担当『一月』がセレクト…

    More

  • ふうけい1

    ふうけい
    2017.09.24

    カレンダー原画展では切り口が鮮やかなトマトや、白くて硬い氷小豆のキャンデー、ソースの香りが匂い立つような焼き飯、よく脂ののったブリの切り身など、それぞれがその全…

    More

  • 陽子1

    荒木陽子全愛情集
    2017.09.03

    物思いに沈んでいる表情が良い、と言ってくれた。私はその言葉にびっくりして、じっと彼を見詰めていたような気がする。

     その時までの私の世界は、きっと、原色だったろう。けれど、その原色は渋いニュアンスのある色に変わろうとしていた。一人の男の出現によって、季節がはっきりと区切られていくのを、秘かに自分の心の中に感じていた。私、 20才、彼、27才。冬の終わり頃だった。

    Continue reading

    More

1 / 1012345...10...最後 »